歯周病と予防歯科について|稲田堤の歯医者 おおかめ歯科クリニック公式ホームページ

 
 
電話番号をタップすると電話がかかります
 
 
 
 
 
  
  
  
  
  

歯周病と予防歯科について

歯周病

歯周病とは

歯周病は、口腔内の歯周病菌によって引き起こされる感染症です。
歯槽膿漏(歯周病)は歯を支えている顎の骨が溶けてしまう怖い病気です。基本的には、一度、溶けてしまった骨は再生しません。そのため、日本人が歯を失う一番の原因となっています。
厚生労働省が実施している「患者調査」の平成26年の統計データによると、歯周病の有病率は、20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、60歳代は約9割となっております。

 

加齢とともに体の機能は衰えてきますので、若い時に比べ歯周病になりやすく進行しやすいといえます。歯周病は、以下のように進行していきます。

健康な状態
健康な状態
歯と歯ぐきの間に歯石や歯垢が溜まっている状態
歯と歯ぐきの間に歯石や歯垢が溜まっている状態
歯ぐきが赤く腫れ始めた状態
歯ぐきが赤く腫れ始めた状態
歯の根元が見え始めた状態
腫れが進行し、歯の根元が見え始めた状態
歯がグラグラしている状態
歯ぐきが歯を支えられなくなり、グラグラしている状態

歯周病セルフチェック

歯槽膿漏(歯周病)の恐ろしいところは、サイレントキラー(静かな殺し屋)と呼ばれるガンや脳卒中と同様、痛みが伴わないために気付かないうちに進行してしまい、気付いたときにはもう手遅れになってしまっているということです。
下記のような症状が一つでもありましたら、すぐにご来院ください。

歯周病の原因「バイオフィルム」

「毎日、歯を磨いているのに虫歯・歯周病になるのはどうしてですか?」
患者様からよく聞かれる質問のひとつです。もちろん、毎日の歯磨き習慣は大切なことです。しかし、それだけでは虫歯・歯周病の予防ができないのも事実です。
その秘密は、バイオフィルムとよばれる、歯磨きをしていても除去できない強力な汚れにあります。このことをお伝えするために、患者様には次のような例え話をすることにしています。

たとえば、毎日、台所の三角コーナーの中にある「生ごみ」を捨てますよね。
これがお口の中でいう、“歯を磨く”ことにあたります。
しかし、毎日、生ごみを捨てていても1ヵ月もすると、“ヌメヌメ”してきますよね。実は、これと同じことがあなたのお口の中でも起きているのです。
この三角コーナーのヌメヌメをきれいにするためにどうしているでしょうか?
おそらく、クレンザーなどの強力な洗剤を使用して、元通りのピカピカの状態に戻しているとおもいます。
三角コーナーと異なり、お口の中では、このような強力な洗剤を使用することはできません。したがって、それよりも安全なものとして、普段、あなたが使用している歯磨き剤を使用することになります。
しかし、残念なことに歯磨き剤だけでは口の中の“ヌメヌメ”を完全に落とし切ることはできません。これが、毎日、歯を磨いていても虫歯・歯周病になってしまうメカニズムなのです。

お口の中にできる“ヌメヌメ”をバイオフィルムと呼び、虫歯菌などにとってのバリアのようなものといえます。このバリアを壊さない限り、虫歯菌などに直接効果的な攻撃を加えることはできないのです。
このバリア(バイオフィルム)を除去するためには、歯科医院で定期的にPMTCと呼ばれる“プロによる機械を用いた歯のクリーニング”を受ける必要があります。

当院での歯周病治療

当院では、歯周病(歯槽膿漏)に関する専門的な治療を行っています。
これにより、他の医院で「残せない」と言われていた歯を残せる場合があります。
当院が扱う治療方法は、「エムドゲインゲル」を用いた歯周組織再生を行なう歯周外科手術です。
軽度の歯周病であれば、当院が行なっている予防プログラムを受けることで直すことができます。しかし、重度の歯周病になってしまうと予防プログラムでの治療では対処できなくなり、歯周外科手術が必要となります。
手術といいましても、1日で終了し、時間も1時間程度で終わるものです。入院の必要もなく、しばらく休んでいただいた後に帰宅できます。

予防歯科

予防歯科とは

最近、TVやCM、雑誌等で多く取り上げられている「予防歯科」。
その言葉どおり、虫歯や歯周病からお口を未然に防ぐことをいいます。
虫歯や歯周病等は、一度治療したからといって、永久に持つわけではありません。
しかし、「悪くなったから治療に行く」の繰り返しでは、時間や費用がかかるだけでなく、歯自体を失ってしまうこともあります。
大切なご自分の歯をいつまでも健康なまま残すために、「予防歯科」を心掛けましょう。

最近、TVやCM、雑誌等で多く取り上げられている「予防歯科」。
その言葉どおり、虫歯や歯周病からお口を未然に防ぐことをいいます。
虫歯や歯周病等は、一度治療したからといって、永久に持つわけではありません。
しかし、「悪くなったから治療に行く」の繰り返しでは、時間や費用がかかるだけでなく、歯自体を失ってしまうこともあります。
大切なご自分の歯をいつまでも健康なまま残すために、「予防歯科」を心掛けましょう。

歯科医院での定期的な予防・メインテナンスを「した方」と「そうでない方」の年齢別の統計があります。これによると、 50代から徐々に差が開き始め、80歳になったときに残っている歯の本数には9本近くの開きがでるという結果になりました。

現在の歯科医療では、虫歯・歯周病の原因が解明されており、どのようにすれば虫歯・歯周病にならずに済むのかという予防法が確立しています。
虫歯・歯周病になってしまったのには、あなたにそれだけのリスク(生活習慣、ブラッシングの方法、間食など) が存在していたからです。このリスクを減らすことができなければ、治療したとしても再発する可能性は高まります。
歯医者でのメインテナンスでは、単に歯石・バイオフィルムなどを除去するだけでなく、あなたのリスクを把握し、そのリスクコントロールのアドバイスも行いますので是非有効にご活用ください。

PMTCとは

虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルムを除去するには、普段の歯磨きでは不可能です。
歯科医院で定期的に“プロによる機械を用いた歯のクリーニング”を受ける必要があります。
 
歯科医院で行う歯のクリーニングを、「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」といいます。
以下のような手順で行います。

1.ペースト塗布
1.ペースト塗布
2.歯と歯の隙間清掃
2.歯と歯の
隙間清掃
3.歯の表面のクリーニング
3.歯の表面の
クリーニング
4.歯の表面のツヤ出し
4.歯の表面の
ツヤ出し
5.フッ素塗布
5.フッ素塗布

※PMTCでは、頑固な汚れであるバイオフィルム・歯石を除去するだけでなく、歯の着色汚れも除去することができ、歯の自然な白さがよみがえります。
また、歯がツルツルになり、お口の中がサッパリします。この爽快感は患者様に大好評です!
※PMTCは歯石の除去とは違い、柔らかい特殊な器具を使うので痛みはありません